休日を充実させよう!オススメの過ごし方

休日を充実させよう
休日を上手に使っていますか?
人生は一度っきり。楽しまなくっちゃ意味がありません。

とはいえ充実した休日を過ごすには、精神的・経済的な余裕が必要不可欠。

心身ともに健康でいるためにも、オススメの休日の過ごし方についてご紹介します。

休日の基本!仕事を忘れるべし

ハーブティーでリラックス
プライベートな時間と仕事のきりかえが上手でないと、休日でもストレス状態に。
リラックスできるはずのお休みも、頭の中がお仕事中では意味がありません。

できるだけ家には仕事をもちこまない、在宅なら時間や場所を制限して働くといった切り替えが非常に重要なんです。

1日の終わりに「楽しかった」と心の底から思う過ごし方が理想的

お金で満たす!休日の過ごし方

ストレス発散には趣味に没頭したり、自分へのご褒美として欲しかったものを購入することもたまには必要です。そのためには、適度な収入があることが前提です。

金額の大小はあれ、以下はお金を出してこそできる休日の過ごし方になります。

・趣味への投資
・自分へのプレゼントを購入
・旅行で気分をリフレッシュ
・リッチなランチやディナーを満喫

ただしお金は、過剰に使いすぎてしまうと罪悪感にさいなまれることも。
資金繰りは計画的に、無理のない程度にを心がけていきましょう。

お金をかけない!リラックスできる過ごし方

休日ごとに旅行に行くことやプレゼントを買い続けることは現実的ではありません。
お金をかけずとも、リラックスできる方法があります。
それは、部屋をキレイに保つこと。

「部屋は心の鏡」という言葉がありますが、まさにそのとおり。
家じゅうにペットボトルやお菓子の袋がおきっぱなし、キッチンに汚れたお皿を放置とあっては、それだけで心はモヤモヤしてしまいます。

部屋の汚れは自分でも気づかないうちに精神的ダメージを増幅します。そうじが苦手という人は、片づける場所を決めたり、ご飯を食べたら食器をすぐ洗うといった習慣を心がけるようにしましょう。

貯金は大事!でもお金に縛られすぎないで

貯金はやりすぎない
将来への不安から貯金額を増やすことがリスペクトされている日本。
しかし老後、せっかくためたお金も使わないまま亡くなるケースが多いのをご存知ですか?

子供や孫がより豊かな暮らしができるようにと考えている方も多いですが、相続で家族関係がギクシャクしたという方は想像以上に多くいます。

欲しいものを我慢してせっかくコツコツ貯めたお金を何も使わずにそのまま、いざ使おうと思ったら何に使ったらいいのか分からないという方も。

ある程度の貯金は必要ですが、それが全てとならない柔軟な考え方も必要なんです。

オススメの貯金方法は、リタイアした時に使う貯金と遊び用の貯金の通帳を分けること。
引退用は定期預金にして下ろせないように工夫し、保険会社にある個人年金を利用して、毎月一定額を貯金。通常の口座には出金する前提で貯めるといった、使い分けをすると便利です。

好条件のお仕事選び!ストレスフリーをめざせ

充実した休日をおくるには、仕事選びも重要です。
職場の人間関係が複雑、そもそも会社がブラック企業とあっては、心が休まることはありません。

やりがいのある仕事えらび、雇用側の立場をよく考えている、人間関係が良い会社への就職をめざしたいものです。とはいえ、現実問題は難しいことも多いはず。

しかし、むかしのように終身雇用ではないからこそ、転職もしやすいのが現代のメリットです。
「家族がいるから転職できない」「辞めたら次の就職先が不安」と先だけを考え過ぎず、自分の気持ちと向き合いながら転職を検討していきましょう。

副業もアリ!自由な働き方へ

日本政府も「働き方改革」や世界中でのコロナ大流行にともない、いままで禁止事項とされてきた副業が注目されています。

副業内容はさまざまありますが、在宅でできるPCやスマホを使ったお仕事は人気です。
またインターネットの副業の場合、だれかにみられる心配もないため、会社関係者や友人、家族にバレることもほとんどありません。

SNSやYouTubeへの投稿で広告料を稼ぐというのもアリ。

ほかにも投資や不動産も人気です。
最初こそリスクはつきものですが、後々大きな財産になる可能性が高い期待値の高いジャンルなんです。

個人が重要視されてきた時代だからこそ、副業選びもさまざま。
趣味がお仕事につながったという事例もおおく、働き方の自由度も高くなりました。

休日と仕事のバランスをとりながら、充実したライフを目指していきましょう