趣味で稼げる!SNS投稿とは

「料理が好き」「写真を撮るのが好き」「動画をまとめるのが楽しい」
そんな「好き」を活かせるお仕事が、サイトやアプリなどSNSへの投稿です。

趣味として続けていたものが「お金」になる時代。

インスタやYouTube、TikTok、アメーバブログ、NOTEなどSNSでフォロワー数が増えると発信力がでてきます。自分で広告をのせ、そこから収入を得る方法や企業から宣伝してほしいとお仕事がくることも。

「身近な人がやっている」という人も多いのではないでしょうか。
興味はあるけど始められないという方に、お仕事のメリットやデメリットをご紹介します。

趣味の延長?サイトやアプリ投稿のお仕事とは

スマホでお仕事SNS系とは
「こだわりが強い」「一つのジャンルに自信がある」
そんな方は今すぐ投稿系お仕事をはじめましょう

ユーザーは誰もが知っている情報をみたいわけではありません。誰もしらない、やらない事が面白いと思うことでフォローしていくのです。

また逆にみんなが知っていることでも、毎日コツコツ続けることで「クセになる」とフォロワー数が増えていくことも。インスタでのお弁当や夜ごはんの画像アップもその一例です。

しかし、「好き」をお仕事に変えるにはいいことばかりではありません。
ココからは始める前に知っておきたい、メリット・デメリットについてお話します。

年収一億円も夢じゃない!メリットについて

SNS投稿は10~60代まで誰でもできます
また短期間で億単位の収入を得ることができるという夢のあるお仕事なんです。

美容が好きならメイクアップ動画やスキンケアについて、料理が好きならレシピ動画などを投稿していきましょう。

SNSを飛び出して企業とのコラボや会社設立で収入幅を広げることもできます。
稼ぐ方法が無限にあるお仕事なんです。

フォロワー数が決め手!デメリットについて

投稿系お仕事はフォロワー数が命
そのため、始めたばかりからいきなり収入を得られるわけではありません。

ユーザーに支持されないことには、影響力がなく広告収入を得ることができないのです。また、フォローしてもらうためにもSNSへの頻繁な投稿は必要不可欠。

「今日は気分がのらない」と簡単に投げ出してしまうとフォロワー数は増えていきません
とくに初めのうちは根気よく続けていくことが大切です。フォローしてくれたユーザーのコメントに「いいね」や返信をしてあげると支持率も増えていきます。

TikTokは危険?アメリカでは禁止を検討中

16~24歳を中心に大人気のTikTok
動画系アプリとして人気だが、ここへきてアメリカが利用禁止を検討しているというニュースをキャッチ。

理由は個人情報の流出をさけるため。

そもそもTikTokは、中国系の企業で開発されたアプリ。
アプリを入り口にして個人情報を開示できるとウワサされてきましたが、ここへきて本格的に動き出した様子です。すでにインドではダウンロードが禁止され、香港では政治的な観点から自主的に禁止したそう。

アメリカでは7月23日時点で法案は可決されているため、法的に禁止になるのも時間の問題かもしれません。

趣味を活かしてサイトやアプリへ投稿

女性がスマホをさわっている
最初こそ大変なSNSのお仕事。

しかし波にのれば、億単位で稼ぐことができ年齢や学歴も関係なくできます。
そこから本の出版や大手ブランドや企業のイベント案内が届くなど、一気にスターダムの世界へ駆け上がることも。

あなたの「好き」や「趣味」を活かして、お金を稼いでいきましょう。