第一印象は何で決まる?心理的要素とは

笑顔の女性
就職や転職、はたまた恋愛と相手へアピールしたいときに重要なのが「第一印象」です。

たとえば面接では、最初の五秒間が勝負と言われるほど、合否に影響があります。

これは「初頭効果」といって、いつまでも記憶に残る心理的働きがあるから。
仕事やプライベートなど身の回りの様々なことに影響するため、ぜひとも有効活用したいものです。

ポイントは、表情や姿勢、ファッションや髪型、言葉遣いなど。

これらが第一印象として人の記憶に強く残っていくのです。

第一印象が大切な理由

考える女性
田舎などでは「近所の子供が大人になっても可愛く思える」ことがあります。

これは初頭効果のひとつですが、最初に受けた印象が長く残るという分かりやすい例と言えます。

ほかにも初頭効果の実験で、Aはポジティブな性格、Bはネガティブな性格で演じてもらいました。その結果、Aには良い印象をBには悪い印象が残ったと回答する傾向に。Bが後半にポジティブな性格を多くだしたとしても、結果は変わりませんでした。

このように、人間は無意識に初頭効果の印象が長く残るため、第一印象が大切といわれるのです。

第一印象はどこで判断しているのか

わたしたちは第一印象を表情や姿勢、表情や姿勢、ファッション、髪型、言葉遣いを総合的にみて決めています。

とくに表情は大切で、7割以上が「顔」で判断しているといわれています。
その中でも「目」が与える印象は強く、84%の人が先に注目しています。

相手に良い印象を与えたければ、笑顔や柔らかい表情で話をすると目元も下がり、安心感や優しそういったように好感度をグッとあげることができます。

ただし同様に、不快感や嫌悪感を与えることもあるため、注意が必要です。

第一印象を良くしよう!

第一印象を練習
それではさっそく、第一印象をよくする5つのポイントをご紹介します。

①表情
笑顔でやわらかな表情で話しましょう。
初対面の相手には、あいさつをするタイミングがあると思います。
その際に、こわばった表情にならないように気を付けて。
人見知りをしてしまうという方は、日頃から鏡で笑顔のトレーニングをしておくと自然な表情を出しやすくなります。

②態度
丁寧できびきびとした態度や行動を心掛けると好感度はアップします。
その際、手元の動作にも気を配ると◎
手を激しく動かしたり、落ち着きなくしていると子どもっぽい印象を与えてしまいます。
座っている場合は、貧乏ゆすりなどせずピンと背筋をたてると誠実さが伝わります。

③言葉遣い
見落としがちなのが「言葉遣い」。
状況にあった言い方や正しい言葉遣いで話をすることで知的さを伝えることができます。
また声のトーンやボリュームも気を付けていきましょう。
ボソボソと話さず、相手が聞き取りやすい声を心がけると◎

④身だしなみ
清潔感のある服装をこころがけていきましょう。
お仕事だけでなくプライベートでも、不衛生さを感じるような服装は相手へ不快感を与えてしまいます。洋服にシワや穴は開いていないか、TPOにあった服装になっているかどうか外へ出る前に最終チェックしていきましょう。

⑤挨拶
1~4を総合して、挨拶ができればバッチリです。
相手への好感度を一気にあげることで、話がスムーズに進んでいきやすくなります。

メラビアンの法則とは

第一印象をつくるときや、コミュニケーションの話をするとメラビアンの法則が上がります。
メラビアンの法則とは、表情と言葉の矛盾です。

たとえば、言葉では「楽しい」と発していても、態度や表情がつまらなさそうであれば、後者の印象が強く残るということです。この場合は、つまらなさそうだったという印象が相手にのこります。

逆に言葉では「怒っている」と伝えても、表情や動作が嬉しそうだとどうでしょう。
この場合、相手は怒っていないと受け止め、怒っているけれど本気ではないと考える傾向にあります。

他には、納得のいかない表情で褒めるとどうでしょう。
相手はこの人は本音では褒めていないと判断し、うれしくないと感じることがほとんどです。

これらのように、メラビアンの法則は視覚や聴覚、言語のそれぞれのメッセージが矛盾することで相手へ与える印象も変わることです。

自分では「きちんと伝えた」「注意した」と思っていても、相手への伝わり方や理解度が違う場合、このメラビアンの法則があてはまっているかもしれません。

とくに重要な仕事の場合は、視覚・聴覚・言語情報に矛盾が生じない伝え方をしていきましょう。

好印象をつくる練習をしよう!

満面の笑み
自分のことを客観的に見るのは、難しいものです。

絶対に第一印象を外したくないという日があれば、事前に鏡やカメラ撮影で自分の姿をチェックしてみましょう。鏡や画面越しで自分を見ることで、冷静に分析できるようになります。

とくにコミュニケーションが苦手という人ほど、思った以上に顔がこわばっていることも多く、驚いてしまうことも。

人への印象は、自分では意図しない所で全く違う印象を与えてしまうことも多くあります。そのため事前に練習し、対策をとることは大切です。

第一印象をアップして人生をポジティブに切り開いていきましょう。