メールレディのお給料事情とは?報酬ゲットの仕組みや受け取り方まで

ネットで検索すると、たくさんでてくるメールレディのお給料情報。
なかには、「在宅で簡単に稼げる」「メールレディは高時給」など、楽して稼げるイメージも強い内容もアップされていますが、ホントのところはどうなんでしょうか。

わたし自身、メールレディとして働いて5年目に突入していますが、正直簡単に稼ぐことはできません。やはりお仕事なので、自分の努力次第で報酬額は変わるという結論にいたりました。
なぜなら、メールレディは登録しただけでは稼ぐことができず、男性会員とメールラリーを繰り返すことで報酬がもらえるからです。

そうはいっても、在宅ワークで自分のスケジュールでお仕事しやすいのも事実。
そこで気になるメールレディのお給料事情について、「平均月収」や「報酬の仕組み」、「受け取り方」までを解説します!

メールレディの平均月収はいくら?

お金を数える手
メールレディは、完全出来高制のため、平均月収はヒトそれぞれ
登録したばっかりでも、センスがある方なら、すぐに3~5万円稼ぐ方も。逆に1年以上続けているのに1万円もいかないなんて方までさまざまなんです。

個人差はあるけれど「気になる!」という声が多かった、平均的なメールレディの月収をだしてみました。

【メールレディの平均月収】
メールレディ歴 平均月収
1~3ヵ月 3,000~1万円以下
6ヵ月 15,000円前後
1年 30,000円前後

メールレディで本業のように稼ぐというよりは、副業としてお小遣い稼ぎ程度と考えた方がよいでしょう。しかし「もっと稼ぎたい」「本業にシフトできる在宅ワークは?」という、そんな方へは通話を含むチャットレディがオススメです。

メールレディは登録だけでは稼げない!報酬の仕組みとは

スマホをもつ赤いネイルの女性
メールレディは勘違いされがちですが、サイトへの登録だけでは稼げません
どのサイトも、男性からのメール(受信)で1通○○円(約35円~40円)と単価が加算されることで、報酬が貰える仕組みになっています。また固定給ではないため、メールのやりとりが少ない月は、その分お給料も減ってしまうため、月収が変動しやすいのも特徴です。

そのため、サイトに登録したら自分を売り込むための、プロフィール作成や積極的に男性会員へメールを送ることは重要。これにより、どんどん固定客をつけ顧客としてメールを繰りかえすことが出来れば、安定したお給料をゲットできるというワケ◎

メールレディの「日払い制」と「月払い」を検証!見落としがちな注意点を解説

メールレディでは支払い方法に「日払い制」と「月払い」があります。
とくに「日払い」と聞くと、「すぐにお金が振り込まれるから便利」と思われがちですが、ココに落とし穴があるのです。

どのサイトも、振込時には振込手数料が発生しており、平均しても500円ほど取られてしまいます。メールの単価は1通あたり35~40円と考えると、約12通分がムダになってしまう計算に。また、振込をしてもらうためには「清算報酬額」をクリアしていなければいけません。その報酬額は、約5,000~6,050円が平均です。わたしの経験上、初心者が1日や2日でいきなり五千円以上稼ぐのは、よほどセンスがなければ難しいと思います。

そのため、日払いをたよりにメールレディとして働くというよりは、振込手数料も考慮したうえで、月払い、もしくは3ヵ月に1度うけとるなど、まとめての受け取りがオススメです。

参考までに下記に「振込手数料」と「清算報酬額」をサイトごとにまとめてみました

サイト名 振込手数料 清算報酬額
ガールズチャット 500円 5,500円以上
モコム 50~300円 6,050円以上(初回3,000円以上)
クレア 500円 5,000円以上

メールレディで稼ぐならどうすれば?

メールレディとして稼ぐなら、まずはログイン回数を増やしましょう
できるだけマメなログインをすることで「顧客」をゲット
これにより、安定した報酬がのぞめるだけでなく、高時給も実現できるため短時間で効率よく稼ぐことができます。

また自分から積極的に男性会員へアプローチすることもとっても大切◎
そのためにもプロフィールを完成させて、画像投稿も積極的におこないましょう